クラウド会計
クラウド会計

クラウド会計ソフトとは?(自動で経理とは?)

 従来までの会計ソフトはソフトウェアを購入してそれを会社のパソコンにインストールすることで利用ができました。

 これに対しクラウド会計ソフトは、ソフトウェアそのものを購入するのではなく、サービス提供会社に対して使用料を支払うことで、インターネット経由で利用できる会計ソフトのことを言います。

 インターネット環境と一定のスペックを備えたパソコンさえあれば、細かな設定をすることなく、サービス開始と同時に利用することができます。

 会計データについても、パソコン本体ではなく、クラウドサーバー上にバックアップされるため、万が一会社のパソコンが故障したり、ウイルスに感染したりしてもデータを失う心配はありません。


その代表例としては

会計ソフトfreee・マネフォワード クラウド会計といったものが挙げられます。



クラウド会計ソフトのメリットとは?

銀行口座やカードの明細を自動連携

   自動取引ルール等の設定をすることにより、反復的な取引を自動登録できる場合あり  


経営状況をリアルタイムに把握できる

    (正確な入力が前提)


常に最新のソフトを利用できる

 

バックアップデータがある(災害に強い)

  

経理初心者でも始めやすい

   (仕訳を前提としない)

請求書等の画像データをクラウド上に保存できるため、•電子帳簿保存に対応している。



クラウド会計ソフトのデメリットとは?

ランニングコストが結果的に多くかかる場合がある

入力速度が遅い(インターネット経由のため)

初期設定を厳密に行わないと、永遠に間違い続けるため、逆に大幅に不効率になるケースあり

ネット上で処理するためネット環境が必要

ルール設定等に経験が必要

各種帳票が豊富ではない

クラウド会計から他の会計ソフト(クラウド会計を含む)への変更は困難を伴う

独特の入力方法が多く、慣れるのに時間がかかる。 



クラウド会計ソフト導入のチェックポイント

販売管理ソフト及び給与ソフトはどうするか?

  販売管理ソフトはどこまで(どのタイミングで)連携をするか

  連携しないとリアルタイムの数値という面は損なわれる。


会計freeで作成の請求書の請求書としての完成度は低い

  ただし、入金管理を適時に行えるというメリットもある。

現状の入出金管理を変えられるか?

 現金取引を減らし、預金・カード取引に寄せることができるか?

 

業務フロー(承認の順番・作成書類)を見直し後にすると効果的

 (作成の目的・効果の面から検討)

 

税務申告資料として必要な設定をする必要あり

 (消費税申告のための補助取等)





クラウドソフトの導入でお困りの方は、経験豊富な当事務所にご相談ください。

メールでのお問合せ





 

お問合せ
 首藤公認会計士事務所
〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通
2丁目9番18号 白花ビル3階
TEL:092-732-7722
FAX:092-732-7725